What's new

全日本大学軟式野球連盟について

2008年08月01日

全日本大学軟式野球連盟会長 長塚 将

 本連盟は昭和53年に設立され、現在では北は北海道から南は九州まで23連盟220余校が所属する日本最大の大学軟式野球の連盟です。 連盟設立にあたり、当時の学生が深く関わった事から、当連盟では今でも学生が主体となって運営しております。
 その主な活動は、夏の全日本大学軟式野球選手権大会、秋の東・西の選抜大会、そして軟式野球の海外普及の為の外国遠征等です。又、財団法人全日本軟式野球連盟の一支部として、全日本大学準硬式野球連盟と「全日本大学軟式野球協会」を組織し、理事会を開催して大学野球の更なる発展を目指しております。
 大好きな野球を楽しみながら連盟の運営にも参画して社会勉強をもできる、素晴らしい連盟であると自負しております。
 一緒に野球をやり、いろいろな勉強もして、世の中に貢献できる若者になりませんか?
当連盟の中に君らの夢があるのでなく、君らの夢の中に当連盟があるのです。



さあクライマックスシリーズだ

2013年10月

全日本大学軟式野球連盟理事長 松坂 繁治

 暮秋の候、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
 長野オリンピックスタジアムを中心に行われた夏の全日本選手権大会も東北福祉大学(東北地区)の初優勝で閉幕しました。
 選手たちの技量とマナーの良さだけでなく、大会を切り盛りする学生諸君のかつてないほどのやる気とパワーが輝いていた大会でした。
 特に練習に練習を重ねたマネジャーによる場内アナウンスは素晴らしい出来で、全試合が本当に引き締まった良い大会でした。きっとフィールドにいる選手たちも良い緊張感とプライドを持ってプレーに集中できたことと思います。フィールド、裏方ともに学生諸君の頑張りにはいつも頭が下がる思いです。ありがとう。
 あの暑かった今年の夏を懐かしむ間もなく、大学軟式野球の秋季リーグも終盤となり、来月はいよいよ伝統の東日本選手権、西日本選手権が始まります。
 東日本は11月16日から21日まで栃木県の栃木県運動公園(宇都宮市)、西日本は11月2日から6日まで香川県のレクザムスタジアム(香川県総合運動公園/高松市)及びアークバリアベースボールパーク志度(さぬき市)で行われます。
 また、いよいよ12月には、第8回 日台大学軟式野球親善大会(12月7日及び8日)に向け全国から選抜された全日本選手団が台湾に出発します。日本で生まれた軟式野球も少しずつ台湾に定着し始めました。
 継続は力なりです。
 全日本大学軟式野球連盟は、昭和53年に創設され、アマチュアスポーツとしての正しい軟式野球の普及と発展を図り、所属会員相互の親睦と交流を図り、諸活動を通しての自覚と規律ある学生の育成をとにかく第一に考え、平和な文化国家に少しでも貢献することを心がけてやってきました。このことが本連盟の全てです。
 学問の十字架を背負う学生スポーツ、母校の名誉をかけた学校スポーツ、大学レベルでの軟式野球競技の奥義追求。そしてそれを学生諸君が力を合わせて「自らの力」でやりきる。これが学生野球の真髄です。
 さあいよいよ「スポーツの秋」。大学軟式野球のシーズンもクライマックスシリーズです。
 選手・マネジャー諸君、連盟委員諸君の健闘を心から祈ります。悔いのないように頑張ってください。
 全国の大学軟式野球のファンの皆様におかれましてもボールパークに足をお運びいただければ幸いです。

ページの一番上

 
第34回全日本選手権

大会結果はこちら
 
東日本大震災復興大会

大会結果はこちら
 
第32回全日本選手権
開会式の様子
開会式の様子
 
優勝校:東都大学軟式野球連盟代表 日本体育大学
優勝校
東都大学軟式野球連盟代表
日本体育大学
 
準優勝校 京滋大学軟式野球連盟代表 京都文教大学
準優勝校
京滋大学軟式野球連盟代表
京都文教大学

全日本大学軟式野球連盟 連盟マークについて

トップページ  |  連盟概要  |  主催大会  |  加盟校一覧  |  歴史  |  お問合せ